2014/10/1 更新

市販のツールでコピーができない

最近のパソコンソフト売り場には、『DVD をバックアップできる』ソフトが、ずいぶんと数多く並べられるようになった。

CloneDVD、Pandora DVD (DVD2one)、DVD Copy Platinum、nero、Super DVD Zcopy、などなど。ホント、どれを買ったらいいか迷ってしまうほど種類が多い。

で、このツールたちは皆、口をそろえてこう言っていないだろうか?

「DVD のコピーはこれ1本で大丈夫!」

と。

なんか断言しちゃっているようだ。

それで、「ほんとかよ~」などと思いつつ、適当なのを買ってきて試してみると、案の定?コピーができない!

あわててパッケージをよく読んでみると、「このソフトは、CSS などで保護された DVD をバックアップすることはできません」 的なメッセージにぶち当たってしまう。

非常に頭にくる状況ではあるが、とりあえず落ち着こう。これはちゃ~んと、対処法があるのだ。

市販のDVD を、お店で売られているソフトで普通にコピーしようとした場合、必ずエラーメッセージが出て、コピーすることができない。これは、日本国内で販売されているどのツールを使っても同じである。

市販の DVD の多くには、ユーザーによる勝手なコピーを防ぐための細工がされているのだ。

では、このような厄介なDVD とあたった場合、どうすればいいのだろうか?

実は、この厄介な細工を無効化するツールが存在するのだ。

市販のツールの存在

もうお分かりの通り、市販の DVD コピーツールには、この細工を無効化する機能はない。つまり、市販のツールは、単独では DVD のコピーに使えない代物なのである。

だったら、「わざわざ高いお金を出してまで市販のツールを買う意味はなんなのか?」

と、あなたは思うかもしれないだろうが、そうではない。

市販のツールを使うメリットは、なんといっても作業の速さと信頼性、そして操作の簡単さ。

例えば CloneDVD2 の場合、ボタンを2~3回クリックしただけで、データの圧縮から書き込みまで、DVD のコピーに必要なほぼすべての作業を、わずか30分程度でこなしてくれるのだ。

同じ作業をフリーのツールでやった場合、2時間以上かかってしまうこと、そしてフリーのツールだとどうしても、データの書き込み品質にいまひとつ信頼性がないこと、使いやすさという点ではまだまだ改良の余地が残されていること、などを考えると、市販のツールを利用するメリットは、非常に大きいと言えるだろう。

DVDのコピーの基本 「分業」

市販のツールでは、著作権の問題のからみから、暗号化された DVD をコピーすることができない。そこで、専用のツールが必要になってくることは、もうお話した通りである。

DVDリッパーと呼ばれるこれらのツールを使えば、DVD にかけられていた暗号化が解除されるため、DVD に記録されているファイルを、普通に読み込むことができるようになる。

というわけで、

1.DVDリッパーを使って、DVDの中のファイル(映像・音声など)をすべて、ハードディスクにコピーする。

2.ご自身の手元にあるDVDコピーツール(なんでもOK!)を起動し、1.でコピーしておいたファイルをもとに、DVDを複製する。

という流れで作業すれば、市販のどんなツールでも、DVDのコピーをとることができてしまうのだ。

このように、DVD のコピーの基本は、「分業」なのである。

 

 

オリジナルCDのプレスとラベル印刷

学校行事で行った合唱コンクールのCDをプレスしたり、アマチュアバンドマンたちが自分たちの楽曲をCDにしてプレスしたり、CDのプレスは身近なものになっている。オリジナルのCDを作ったらラベル印刷にもこだわって、各々こだわりのラベル、CDで言うと「ジャケット」を作成している。時にはポスターを印刷するバンドもいるようだ。


Favorite


オフィス原状回復業者を東京で紹介中です



2019/6/25 更新