Last update:2014/10/1

リッピングソフトの種類

DVD-Videoのバックアップに必須のリッパーには、「Smart Ripper」をはじめ、いくつか種類があるが、現在もっとも人気が高いのは、「DVD Decrypter」と「AnyDVD」の2つだ。

DVDのリッピングソフトを購入するのであれば、店頭の印刷物やポスターを頼りにすると見つけやすいのではないでしょうか。

DVD Decrypter(公式サイト閉鎖)

無料

高機能で、操作も簡単。とてもフリーソフトとは思えないほど完成度の高いDVDリッパーで、利用者がずば抜けて多い。ISOイメージ形式でのリッピングのほかに、メディアへの書き込みもできるあたりがポイント高し。

DVDをコピーするなら、必ずインストールしておきたいツールの1つである。

DVDのリッピングはもちろんのこと、メディアへの書き込みまでできてしまうので、高い市販のツールをもっていなくても、DVDのコピーができてしまう点が非常に良い。

動作が軽いため、CPUのパワーもそんなに必要はないが、リッピングに使用するドライブは、読込み速度の速いものを使うのがいい。

このサイトで紹介しているDVDコピーテクニックの中で、必ずといっていいほど使うツールなので、かならずインストール&初期設定をしておこう。

DVD Fab HD Decrypter

無料

プロテクトに強いフリーのDVDリッパー。Sony製の「ARccOS」、Macrovision製の「RipGuard」といったプロテクトを無力化する特殊機能がポイントだ。かつて「DVDFab Decrypter」と呼ばれていたツールに、HD-DVDやBlue-rayといった次世代DVDのリッピング機能が追加され、「DVDFab HD Decrypter」として配布されている。

プロテクトに強い「フリー」のDVDリッパーだ。

少しずつ数が増えてきている、「ARccOS」や「RipGuard」といった、「DVD Decrypter」対策を施されたDVDにあたってしまった場合に、力を発揮する。

かつては「DVD Fab Decrypter」として開発されていたが、次世代DVDにも対応した「DVD Fab HD Decrypter」として現在は開発が続けられている。

バージョンアップがたいへん盛んなツールで、メインのDVDリッパーとして使っても何ら問題はない。ただ、DVDファイルからISOイメージを作成する機能には改善の余地があるように思われる。

Any DVD

ユーロ49.00(円で購入可)

DVDから直接DVDをコピーできるようにしてくれる、最強のDVDリッパーだ。CSS・ARccOS・RipGuard・マクロビジョン・ユーザー操作禁止・リージョンコードなど、あらゆるDVDのプロテクトを解除してくれて、使い勝手がずば抜けている。いち早く「Windows Vista」に対応したDVDリッパーで、もちろん次世代DVDのリッピングにも対応している。

ひとことで言うと、リッピングなしで、DVDをコピーできるようにしてくれるツール。

起動しておくだけでDVDにかけられているプロテクトを無効化してくれるので、DVDコピーの度に、DVDリッパーを操作するわずらわしさがない。

また、ドライブにマウントしたDVDから、直接ファイルを読み込んで作業できるようになるので、リッピングの作業が不要になるという点がおいしい。

他のツールに先駆けて「Windows Vista」への対応を実現し、
次世代DVDのリッピングにもしっかり対応している。

ただし、DVDファイルを圧縮したり、分割する際、AnyDVDも同時に動くことになるため、ドライブの性能が高いことはもちろん、CPUの性能もある程度要求されるので、実際に購入する前に、体験版をインストールしてみるのがいいだろう。

DVD43

無料

AnyDVD の機能限定版的なツールで、CSS と マクロビジョンの解除ができる。 Windows 2000・XP・Vista(32bit版) のみの対応なので注意が必要である。

AnyDVD を水で薄めたようなソフトではあるが、CSSとマクロビジョンの解除ができるので、最低限の機能は備わっているDVDリッパーだ。

AnyDVD と同様、ハードディスクにDVDファイルを吸い出す手間と時間がいらないので、使い勝手はとても優れていると思う。

ただ、Windows 2000/XP/Vista(32bit版) のみ対応なので、注意しておこう。

recommend

【徹底比較】さいたま、浦和で人気のフォトスタジオおすすめランキングTOP5!

Last update:2018/9/26